悲しい連絡は、突然に・・・


昨日木曜日に医局の先輩から僕の医局の後輩W先生が、自宅で急逝した電話連絡を頂きました。

年齢は、僕より下ですから当然50台

持病があったのですが、そんな若くして亡くなるような状況では、なかったとのこと・・・

その訃報を聞いてでただ驚くばかりでした。


お子さんは、4人いたはずで年賀状の様子からは、もう成人になっているような気がしますけどだからといって早すぎです。


彼は、数年前に横浜でさたけクリニック同様苦痛の無い胃カメラや苦痛の無い大腸内視鏡や肛門科などをメインに内科のクリニックを開業しました。


開業したての頃に手土産もって横浜にある彼のクリニックに遊びに行ったことも良い思い出となってしまいました。



写真から推測されるように彼は、大変温厚な性格で彼のことをに悪く言ったりする人間を聞いたことがありません。


週末にお通夜と告別式が、あるのでお別れに行ってこようと思います。


184回の閲覧