新たな新型コロナ対策としてCO2センサーを設置



待合室に新型コロナ対策の一環として待合室にCO2センサーを設置しました。


一般的に1000PPMを超えると換気が必要だとされています。 センサー上のニコニコマークが、緑ならOK 黄色やオレンジや赤になると要換気です。


1000PPMを超えるとアラームが鳴ります。


まずは、結構締め切っている家のリビングを測定



739PPMで合格です。






窓は占めてドアを開けて妻とイーストと仲良く寝ている寝室は、ちょっと心配でしたけど912PPMで合格


ちなみにドアを閉めるとぐんぐん上がって1000PPM以上になってアラームが鳴りました。



車を外気導入しないと当たり前ですけど1000PPMを超えます!


最後に9月8日16時さたけクリニックの待合汁のCO2濃度は・・・




504PPMで見事合格です。



今週土曜日も通常診療と苦痛の無い胃カメラや大腸内視鏡を終えて午後からコロナワクチン接種に尽力します。


待合室に患者さんが、多くなるかもしれませんのでスタッフにCO2センサーをチェックして密を避けたい思います。








                      

                      さたけクリニック


                      内科・消化器内科・胃腸科・肛門科・外科

                      胃カメラ・大腸カメラ(内視鏡検査)

                      東京都大田区大森北4-10-2

82回の閲覧