経営の神様 天国へ


今朝の新聞の一面に稲盛和男さんが、無くなったという記事が、載っていました。

御年90歳で老衰ということですから大往生で天国に行かれたのでは、ないのでしょうか?


僕自身は、稲盛さんの本を一冊くらい読んだ程度の人間ですが、今朝のテレビで




利他の心を判断基準にする


という言葉は、医療人としての心に響き



怠け心があって気楽に生きたい人は、経営者になっては、いかん


という言葉は、経営者の端くれの僕の心に強く響きました。


発熱外来で忙しくてブツブツつぶやいている場合じゃないですね~


今週になってコロナ患者も減少傾向でブログ書く余裕もできてきました~

明日の午後は、少し時間があるので稲盛さんの本を買って読んでみようかと思います。


でもさすがの稲盛さんも震災後のTV番組(確かカンブリヤ宮殿)に主演した時に

司会者から


「稲盛さん、次は、東電の再建は、どうでしょう?」


と、問いかけられて


「いやいや、それはもう勘弁してください。」


と、笑顔で言っていたのが、とても印象的でした~



改めてご冥福をお祈ります。





閲覧数:111回