大島康徳さん 大腸がんで死去


中日ドラゴンズや日本ハムで活躍された大島康徳さんが、70歳で亡くなられたそうです。

聞くところによるとと闘病中にも明るく前向きに生活していたとのことです。


ラジオで聞いた情報ですが、ある年、世界の王選手よりもホームラン 打率 打点で 上回ったにもかかわらずベストナインは、王選手だったそうです。 詳細を知っているわけでは、ありませんが大腸内視鏡検査を定期的もしくは、 良いタイミングでしていれば、違った結果になっていたかと思うと大変残念です。 大腸がんは、早期に発見さえすれば、5年生存率の高い病気です。 定期的に大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。 できれば、胃カメラも定期的に受けておくと安心です。 さたけクリニックでは、鎮静剤を使った苦痛の少ない胃カメラ 苦痛の少ない大腸内視鏡を 受けることが可能です。


97回の閲覧